乳酸菌サプリ人気ランキングNO1はこちら

ビフィーナS
ビフィーナの特徴

17年連続で乳酸菌健康食品部門で1位の実績
腸内善玉菌の99%以上を占めるビフィズス菌を補える
胃酸で99%死滅するビフィズス菌を2重のカプセル構造で守り、生きた状態で腸まで届けることができる
ビフィズス菌だけでなく、乳酸菌も10億個配合
善玉菌の栄養素になるオリゴ糖配合で善玉菌を増やすことができる

価格 初回30日分 2,980円
評価 ★★★★★
備考 定期コースは60日分で5,875円
ビフィーナの当サイト評価

腸内にいる善玉菌の99%以上はビフィズス菌です。よって本来であれば乳酸菌のなかでもビフィズス菌を一番摂りたいところ。でもこのビフィズス菌、胃酸や熱に非常に弱く、胃酸で99%のビフィズス菌が死滅して跡形もなくなってしまいます。ビフィーナはこのビフィズス菌をハイパープロテクトカプセル®という2重のカプセルに閉じ込めることで90%以上のビフィズス菌を生きた状態で腸まで届けることが可能。善玉菌を増やすオリゴ糖も配合しており、理想的な乳酸菌サプリといえます。

アレルケア
アレルケアの特徴

乳・大豆といったアレルゲンが入っていない!アレルゲンフリー
カルピス独自のアシドフィルス菌「L-92乳酸菌」を330億個相当を配合。ヨーグルトよりも効率が良い
善玉菌を増やす麦芽糖(オリゴ糖)もしっかり配合
30日分が2,100円と安い!お財布に優しい乳酸菌サプリ
定期コースだと2ヶ月分が3,780円(初回3,360円)とさらにお得

価格 30日分 2,100円
評価 ★★★★☆
備考 定期コースは60日分で3,780円
アレルケアの当サイト評価

アレルギーのある人ならこれが一番おすすめ。 アレルギーの原因になるアレルゲン(特定原材料等27品目)を含まないため安心して飲むことができます。

花菜の選べる乳酸菌
花菜の選べる乳酸菌

8種類の乳酸菌がこれひとつで摂れる
2種類の配合を2週間おきに変えることで、特定の乳酸菌に慣れて効果がなくなるのを防いでいる
善玉菌を増やすイソマルトオリゴ糖を配合
初回定期コースは30日分3000円と半額
うつくし美菌は1日分5000億個と多くの乳酸菌量を摂れる

価格 通常30日分 6,000円 / 定期初回 3,000円 / 定期2回目以降4,500円
評価 ★★★★☆
備考
花菜の選べる乳酸菌の当サイト評価

2種類の配合の乳酸菌を飲み変えるというユニークな商品。 実際に特定の乳酸菌に慣れて効かなくなるのかは分からないですが、8種類と多くの種類の乳酸菌を摂れるのはメリットです。 もうちょっと安いといいんですけどね。

乳酸菌サプリの種類

乳酸菌の含まれるサプリメントには様々なものがあります。一言で乳酸菌と言ってもこちらも様々なものがあります。もっともメジャーであるビフィズス菌や、動物性の乳酸菌から漬物などが由来の植物性乳酸菌、その中でも細かく細分化されます。乳酸菌の働きは病原菌が腸内侵入してくることを防ぎ、悪玉菌の増加を抑えて腸内環境を最適化して体の免疫力を向上させる働きがあると言われています。

またアトピーや花粉症に対する効果も期待されているものです。しかしそんな乳酸菌はお腹に届くまでに多くが内臓の酸により死滅してしまうことはよく知られています。そのため大量に送り込むことと、胃酸などに負けないようにカプセル化の技術を使って腸まで届けられるようにしたものなど、工夫がサプリメントにはされています。

たとえば数種類の乳酸菌をミックスしたサプリメントは体の中での慣れを防ぎ、効果を発揮するようなものがあります。サプリメントの選択は菌の数の他にも、種類の面で効果的なものになっているかどうかも判断の材料となります。

どの乳酸菌の種類が一番良いということはなく、人それぞれ合う合わないがあります。腸内の善玉菌は99%がビフィズス菌なので、ビフィズス菌をまず選ぶのが無難。でも、飲んでみてイマイチ実感できないようであれば、入っている乳酸菌の種類の違うものを選んで1ヶ月くらい試してみるとよいです。自分に一番合った種類の乳酸菌サプリが一番です。

善玉菌を増やす方法について

現代人の多くがお腹の不調の悩みを抱えています。便秘はもちろん、膨満感や軟便など人によってその症状はそれぞれに異なりますがお腹の不調がもととなり肌荒れや食欲不振をもたらすこともあるのです。

善玉菌を増やす方法として有効なのは、毎日の食事に気を配ることです。そのためにはまず、悪玉菌を減らすことからスタートします。肉類や脂質の多い食べ物を継続して摂り続けることによって腸内では悪玉菌が増えてしまうので、野菜不足にならないように意識的に野菜を摂ることが必要です。偏った食事を摂り続けることでどんどん悪玉菌が腸内に増えていき、様々な悪影響を与えることとなります。したがって乳酸菌を含む食べ物や飲み物を取り入れ、オリゴ糖や食物繊維といった善玉菌が増えるような食事を摂ることです。

もしも慢性的な便秘に悩まされているという場合には、水溶性の食物繊維が大変有用です。便秘になるとお腹にたまった便の水分が吸収されて固くなり排泄がされにくい状態なっているので、便の水分を増やすことが必要となります。そのためには納豆菌を多く含む納豆を摂ることで悪玉菌を殺してその量を少なくすることができるので、こうした食事を摂ることが重要です。この納豆菌の効果によって善玉菌の量が増え、便秘を解消することができるのです。

また善玉菌を増やすには乳酸菌やビフィズス菌も有用であることからヨーグルトや牛乳、みそ等を摂ることも効果的です。ぬか漬け等の漬物類や発酵食品であるキムチも善玉菌を増やすことができるので、野菜を使ったこういった食材は積極的に食事に取り入れることが必要となります。チーズにも乳酸菌が含まれていますが、加工食品であるプロセスチーズよりもナチュラルチーズの方が乳酸菌の働きが活発となります。よってチーズを買う時にはナチュラルチーズを選ぶことがポイントです。

またオリゴ糖やグルコン酸を多く含むはちみつ、オリゴ糖と食物繊維を同時に摂ることができるバナナも善玉菌を増やす食材となっています。

ハイパープロテクトカプセルにより確実に腸内にビフィズス菌を届けるよう工夫されたビフィーナS

最近では手軽に必要な栄養を摂取できる方法として多くの人がサプリメントを使用しています。 食事だけではどうしても必要量摂取するのが難しい栄養素や、忙しくて食事の栄養バランスまで気を使っていられないという人にとってはサプリメントはとてもありがたいものです。

ビフィーナSもそんなサプリメントの一つです。

腸内環境を整える大事な働きをしてくれるビフィズス菌ですが、ビフィズス菌は胃酸にとても弱いという弱点があります。 いくら体に良いということでビフィズス菌の入った食べ物を摂取したところで、普通に摂取していたのでは大抵のビフィズス菌は胃の中で死滅してしまっているということなのです。

腸の中で大事な働きをしてくれるといっても、その腸にたどり着くことが大変なのです。 そこで確実に腸までビフィズス菌を送り届けられるようにと開発されたのがハイパープロテクトカプセルなのです。 これは耐酸性のカプセルで、この中に菌を入れることで胃の中を抜け確実に腸内にたどり着くというわけです。 カプセルに守られていない場合にはビフィズス菌の生存率はほんのわずかしかありませんが、ハイパープロテクトカプセルに守られている場合には約90%となっています。

また、単に生存確率を大幅に上昇させているだけではなく菌の働きを助ける工夫も施されています。 乳酸菌やオリゴ糖といったものはビフィズス菌の働きをサポートしてくれる力があります。 その為、ハイパープロテクトカプセルには耐酸性機能だけではなく、乳酸菌とオリゴ糖が配合されているのです。 サプリメントは健康のために飲むものですが、いくら健康のためとはいえ飲みにくいのでは毎日続けるのは難しいものです。

そこでビフィーナSは飲みやすさも工夫されています。 1日に1包飲むことになりますが、中にはカプセルと顆粒が入っています。 水と一緒に飲むことになりますが、カプセルも小さいですし味の付いている顆粒のおかげでさっぱりとしていて、無理なく飲み続けることが出来るようになっているのです。


乳酸菌がもたらす健康効果とは
健康志向が高まる昨今、身体のために毎朝ヨーグルトを食べる方が増えています。ヨーグルトに含まれる乳酸菌が腸内の悪玉菌を抑制し、整腸効果をもたらすほかに、最近では免疫力を高める効果が発見され、テレビや雑誌などでその効果が取り上げられたこともあり、私たちの最も身近な健康食品として広く食べられるようになりました。 ヨーグルトは整腸作用や免疫力アップなどのほかにも様々な健康効果があることが分かっています。生活習慣病の予防やコレステロールを抑える効果など、毎日摂取することでより効果が出るという研究結果が発表されています。アレルギーに悩まされる方や肥満が気になる方には特に意識して摂取することが望ましいとされているのです。 小さな子供からお年寄りまで親しみのあるヨーグルトは、デザートとしてだけでなく、料理にも活用できるのが利点です。肉を漬けこむと柔らかくする作用やドレッシングに使えるなど、アイデア次第でカロリーを抑えた健康食を作ることができるのです。 上記のような理由から、身体の中から健康になるためにヨーグルトを積極的に摂取することが推奨されているのです。

参考サイト(外部サイト)

更新履歴